「産学連携関係者による“第4回 重役会議” 〜産学連携の現在と将来〜」

盛況のうちに終了しました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「産学連携関係者による“第4回 重役会議” 〜産学連携の現在と将来〜」
−日本知財学会 第10回年次学術研究発表会・勝手に前夜祭−
(Smips in 関西 & コミュニティスポット2525 Vol.8 & 第2回KNS地域産業政策研究会 )
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 今年は「日本知財学会 第10回年次学術研究発表会」が大阪で開催されます。じつは、それとは全く関わりはないのですが、その前夜祭と勝手に称して、産学連携の主体である企業、大学、さらに産学連携を支援する機関・団体などで活躍する関係者による “重役会議”を開催します。
 重役会議も、今年で4年目を迎えましたが、本年も活発に議論させていただきたいと存じます。
 参加していただく皆さんには、それぞれの立場を代表する“重役”の一人として、けれども、あくまで肩書きを外した個人として、ぜひ積極的にご発言下さい。

 ■日時:2012年12月7日(金) 
    会 議:18:30〜20:30 (開場:18:00)
    交流会:21:00〜23:00
 ■場所:ハービスPLAZA 5F会議室(大阪府大阪市北区梅田2丁目5-25)
    http://www.herbis-kaigi.com/
 ■定員:40名 (先着順)
 ■会費:参加費 1,000円、  交流会費 3,000円程度
 ■主催:知的財産マネジメント研究会(Smips)、
     関西ネットワークシステム(KNS)、KNS地域産業政策研究会
 ■共催:梅田MAG(阪神電気鉄道(株))
     https://umeda-mag.net/
 ■開催概要:
  ○テーマ:「産学連携の現在と将来」   
 技術移転機関(TLO)の設置が開始し、特許重視政策が打ち出されて、産学連携に係る施策がスタートし始めてから15年近く経ちます。この15年間に産学連携の進展は目覚ましく、産学共同研究件数や特許権実施等の実績は大きく伸びました。一方で、企業からは、相変わらず、「スケジュール感が違う」「守秘があいまい」といった声も聞かれます。さらに、最近は、共同研究も出願件数も横ばいもしくは減少し、全体としては頭打ちという指摘もあります。確かに「大きな社会的インパクトや新たな市場創出等につながるイノベーション創出システムはいまだ構築できていない」(「イノベーション・エコシステムの確立に向けて早急に措置すべき施策」科学技術・学術審議会産業連携・地域支援部会産学官連携推進委員会)のです。
 ならば、この辺りで、もう一度産学連携の現在を振り返って、その課題を見つめ直してから、将来を展望することも必要でしょう。
 そこで、重役会議では、前回に引き続き、「産学連携の現在と将来」について考えて行きたいと思います。
 今回は、
   ・山本 貴史 様(株式会社東京大学TLO 代表取締役社長)
   ・鈴木 康之 様(信州大学産学官連携推進本部 リサーチ・アドミニストレーション室 准教授)
   ・久保田 弘 様(熊本大学衝撃・極限環境研究センター 教授)
 のお三方をお迎えして、話題提供をいただき、それを踏まえて、議論させていただく予定です。
 というわけで、今回も、産学連携に関係する皆さんに集まっていただき、言いたい放題・・・
 自由にご意見を述べていただけたらと思います。皆様、よろしくお願い申し上げます。

  ○当日のプログラム
    18:00     受付開始
    18:30     開会
    18:40〜20:30  話題提供(山本様、鈴木様、久保田様)、
           フリーディスカッション
    21:00〜 交流会
 ■申込み:
  下記フォームに、「12/7重役会議参加」と明記の上、お申し込み下さい。
    http://www.kns.gr.jp/entry.html


ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ
(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構
 阪神・淡路大震災記念
人と防災未来センター(DRI) 事業部事業課
   課長補佐 杉浦美紀彦
 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5−2
         西館6F
   TEL : 078-262-5068(直通)
   FAX : 078-262-5082
E-mail : sugiuram@dri.ne.jp
ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ

smipsロゴ.tiff

カウンター